交通事故治療について

交通事故による怪我では、事故から時間が経ってから、痛みなどの症状が出てくることがよくあります。むち打ち症では、事故から1週間もたって、めまいや吐き気などの症状が出てくるため、症状と事故を結び付けて考えない患者様もいらっしゃいます。
事故の直後に痛みが無いからと油断せず、必ず病院で検査を受けましょう。

 

病院でレントゲン検査を行い「異常なし」と言われたのに、身体に痛みやしびれがあるということもよくあります。これは、レントゲンでは骨の異常はわっても、筋肉の損傷からくる痛みや歪みはわからないからないからです。

 

また、治療により痛みが軽減しても、完全に治しておかないと後で後遺症が出る可能性があるので、最後までしっかり身体を治しましょう。
コスモ接骨院では、必ず国家資格を持った院長が直接治療いたします。その日の患者様の症状に合わせ「手技療法」や「運動療法」「電気療法」などの様々な治療方法を用い、患者様の症状に最適な治療を行います。現在、他の医療機関に通院しているがあまり治療の経過が思わしくないという方も当院へお任せください。

 

治療費は原則窓口の負担金0円です。(自賠責保険・任意保険適用の場合)

 

むち打ち症ってどんな症状?

むち打ちとは、交通事故などで首に不自然な強い力がかかったことによって生じる「首の捻挫」です。衝撃を受けた際に、ちょうど鞭がしなるように首が動くので「むち打ち」と呼ばれています。人間の頭はとても重く、約5kgあるといわれています。ちょうど、ボーリングの球ぐらいの重さです。それが強い衝撃で前後に揺さぶられるので、頭を支える首にはかなりの負担がかかることになります。事故直後はあまり痛みを自覚していなくても、後になってから痛みが出てくることも良くあります。

 

また、頭から背骨に沿ったところには、極めて重要な神経が走っていますので、首の痛みだけでなく「手先のしびれ」や「めまい」「吐き気」などが起きることもあります。長期間にわたって断続的な痛みが続いたり、集中力がなくなり仕事に支障が出たりという事も考えられますので、しっかり治療することが大切です。

 

コスモ接骨院で行うむち打ち症の治療方法

当院では、まずむち打ちの症状をしっかり診察いたします。
むち打ちの首靭帯や筋肉の腫れや炎症は、肩や背中の筋肉にも時間とともに悪い影響を与えます。そのため当院では、ひとつひとつの筋肉の痛みやコリなどの状態を触診によりし、状態を確認してゆきます。
「むち打ち」では、複数の「筋肉」「靭帯」のダメージ・硬直・コリなどが複雑に影響しているために、時間の経過とともに痛みの状態も変化します。ですから、その時その時の症状をしっかり把握して治療することが重要です。

 

当院では患者様のその日の状態を確認したうえで、「手技療法」「運動療法」「電気療法」「温熱療法」などを組み合わせて治療していきます。
当院は、筋肉と靭帯のスペシャリストです。「むち打ち症」では、早めに適切な治療を受けることが大切です。
患者様に安心して治療していただける環境と、後遺症を残さない治療を提供いたします。
誠心誠意、患者様が痛みの無い身体を取り戻すお手伝いをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。